2018.07.30

ABBA×シェール 最強のコラボが実現!! 世界的スーパースター・シェールが“悲しきフェルナンド”を大熱唱! ABBA&豪華キャストが、その歌声を大絶賛! メイキング映像到着!!

ABBAの大ヒットナンバー“悲しきフェルナンド”を、スーパースター・シェールが歌い上げる!これぞ“ハリウッドのミュージカル映画”と感じさせる、圧巻のメイキング映像が到着致しました!

 

今回到着した特別映像は、破天荒なドナ(メリル・ストリーブ)の母親で、ソフィー(アマンダ・セイフライド)の祖母として出演を果たした、新キャスト・シェールにフィーチャーしたメイキング映像!白いスーツに身を包み威風堂々たる姿で登場したシェールは、映画・ブロードウェイ・テレビなど50年以上にわたり幅広い舞台で活躍を続けており、アカデミー賞®、グラミー賞といった名誉ある賞を多数受賞する世界的トップスター。 シェールの出演に共演者、スタッフは興奮した様で、スカイ役のドミニク・クーパーが「スポットライトに照らされた彼女はスターだ」と、シェールが放つオーラに圧倒されたと言います。

%e3%82%b5%e3%83%968
 

シェールが演じた祖母・ルビーは、ラスベガスのショーに出演する多忙を極める超売れっ子歌手。舞台となるギリシャ・エーゲ海のホテル”ベラ・ドナ”のリニューアルパーティーに参加する為に、どうせ来られないからと招待されてもいないのに、ヘリコプターで会場に降り立ち、宴を盛り上げていきます。パーティーではABBAのヒットナンバー“悲しきフェルナンド”を、かつての恋人・セニョール・シエンフエゴス(アンディ・ガルシア)と共に見事に歌い上げており、本映像ではその撮影風景が映し出されます。長年忘れる事が出来なかった想い人との再会を表現した切ない歌唱シーンは、色鮮やかな花火が打ち上げられ、幻想的な雰囲気が作り出されています。その中で、ABBAの秀逸メロディーとシェールの歌唱力が相まって紡ぎ出される“悲しきフェルナンド”は、本作きっての名シーンと言っても過言ではないでしょう。監督・脚本を務めたオル・パーカーは「いつも出演NGに備えるが…、シェールしか考えられなかった」と断言し、シェールが出演しない限り実現できなかった貴重な1シーンであることを明かしました。

 

2495_d044_00135rv4_r
 

本シーンを見たABBAのメンバー、ビヨルン・ウルヴァースは「彼女の“悲しきフェルナンド”を聞いたら本当にピッタリだった」と言い、同じくABBAのベニー・アンダーソンは「シェールとABBAがひとつになる」と称賛コメントを寄せています。ドナを演じたメリルは「古くからの友人が私の母になる。歌う姿が神々しかった」、サム役のピアース・ブロスナンは「天才だね!演技も歌も…シェールであることも」、ハリー役のコリン・ファースは「期待感が空気を変えた」と絶賛コメントが相次ぎ、豪華共演者をも驚愕させた圧倒的な力量と存在感で、シェールの歌声は、見る者すべてを虜にすること間違いありません。

Mamma Mia! Here We Go Again
 

以前からABBAの楽曲をよく聴いていたというシェールですが、今回実際に歌唱して感じる事があったと語ります。“悲しきフェルナンド”を聴いた時、それまでとは違う何かが聴こえたの。ストーリーは知っていたけれど、その芝居的要素を意識したわ。いかに巧妙に編曲、プロデュースされているかということも初めて知ったわ。ただ自分でどう解釈しようかと考えた時、アンディと私にぴったりだと思った。かつて2人の間に恋愛関係があり、後に再会するという設定に完璧に合っていた曲だと思う。だから、ストーリーと曲がこんな感じ(両手を合わせるジェスチャー)だったの」と語り、ABBAが作り上げた楽曲の完成度に脱帽したことを明かしました。しかし難解な曲を理解したシェールは、逆境を跳ね返すように圧巻のパフォーマンスをスクリーンで披露していきます…!伝説とも言うべきABBAとシェールの豪華コラボレーションを是非劇場でお確かめください!